相談
画像引用 「借地権とは-「借地権 無料相談ドットコム」がご説明いたします

借地借家法と借地法で、借地権の取り扱いについての違いもあります。そもそも借地権とは、文字通り土地を借りる時の権利というものです。地主がいて、その地主から借りて利用するというための権利です。その取り扱いに関しては、借地借家法と借地法によって変わってきたと言えるでしょう。まずはしっかり考えて利用していくことが必要となります。もちろん、取り扱いに関しての細かな法改正によって、新しい情報を取り入れることが必要となりました。すべて紹介していると切りがないので省略しますが、実際に借地権の扱いに関しても変わってきたと言えるでしょう。

建物の朽廃などに関する規定はもちろん、存続期間や更新期間に関する規定も変わっているので理解を深めていくことが必要となります。なお、借地権に関しては取得している本人はもちろんですが、地主の方もしっかりと法律について理解しておくことが必要となります。そこを理解しているかどうかによって、トラブルなども回避できるようになるのではないでしょうか。土地を貸したり借りたりするというのは、大きな資産の貸し借りにもなるので、規定などの法律に関しては、しっかりと理解を深めるようにしておきましょう。

説明してくれる人借地借家法と借地法によって、違いがあるとすれば更新期間も考えなくてはなりません。借地権にはそれぞれ存続期間というのがあり、それらを更新することが必要となります。借地借家法では30年となっている存続期間ですが、更新に関しては1回目は20年で2回目からは10年となっています。その点は違ってくるので気を付けておくことが必要となるでしょう。建物の状態も数十年経過すれば変わってくるので、そこも考えて更新しなくてはなりません。借地法とは違って借地借家法の場合は、その更新期間も変更になっているという点は注意が必要となっています。

知らないまま放置していると、そのまま更新されないということもあるかもしれません。基本的に更新期間が近付いてきた場合は連絡してもらうことも可能なのですが、その連絡さえも気づかないという人は多いです。新法と旧法ではそれらの違いを明確にし、よりわかりやすくしたとも言えるでしょう。まずは借地借家法について理解することはもちろん、借地法についても理解していくことが必要です。特に数十年前から適用されている方は、旧法が適用となっていることもあります。新法が適用になっている方も定期的に確認しておくようにしましょう。

家借地借家法と借地法では、存続期間に違いがあります。借地借家法では、一律で30年と定めるようになっていて、借地法とは違っています。そこをしっかり理解することが必要となるでしょう。借地権には、それぞれ存続期間というものが設定されていて、その効力を発揮できるのは、その期間内だけでのこととなります。イメージとしてはパスポートのようなものでしょうか。借地権が効力を持つのは存続期間に左右されるということもあって、それらを理解しておかないと後々トラブルになることもあるかもしれません。

借地借家法になってからは一律で30年となっているので、普通の方であればそうそう人生で存続期間を気にするということもないかもしれません。しかし、この存続期間がとても重要となるのです。借地権の倍は、この存続期間によってその効力を定めているので、当然ですが存続期間が短くなればそれだけでも状況が変わってきます。その存続期間に到達する前に更新しなければなりません。30年ということで、意外にも忘れてしまっている方が多いので、今一度借地権のことについて理解し、必要であれば更新手続きをおこなうことが必要となってくるのではないでしょうか。

土地借地権には新法と旧法があります。新法のことを借地借家法と言い、旧法のことを借地法と呼ぶのが一般的となっています。実際にそれらの新旧法には違いもあるのですが、意外と知らないという方も多いです。確かに、借地権を持っていたり、地主だったりしない限りは、この手の情報もあまり理解していないという方が多いかもしれません。

そこで、このサイトでは借地借家法になってからの違いについて、それぞれ解説していきます。これから借地権を持とうと思っている方はもちろん、すでに持っている方も参考にしていただけると幸いです。また、地主になりたい方や地主になっている方などにも関係してくるものなので、しっかりと理解しておくことが必要となるのではないでしょうか。色々な方が利用しているということもあって、借地借家法になってからはまた業界の状況も変わってきています。それらの点もしっかり理解することで、より安心して借地権や地主のことを知ることができるのではないでしょうか。

なお、借地借家法になる以前から借地権を持っていたり地主だったりする方は、旧法の借地法が適用されます。新法になって以降から適用される人とは違ってくるので、そこは気を付けておくことが必要となるでしょう。ここでは、借地法と借地借家法の違いをメインに解説していくので、情報収集している方の参考になれば幸いです。まずは知識を身に付けて、正しく対応できるようになってみてはいかがでしょうか。