借地借家法の新法旧法

土地借地権には新法と旧法があります。新法のことを借地借家法と言い、旧法のことを借地法と呼ぶのが一般的となっています。実際にそれらの新旧法には違いもあるのですが、意外と知らないという方も多いです。確かに、借地権を持っていたり、地主だったりしない限りは、この手の情報もあまり理解していないという方が多いかもしれません。

そこで、このサイトでは借地借家法になってからの違いについて、それぞれ解説していきます。これから借地権を持とうと思っている方はもちろん、すでに持っている方も参考にしていただけると幸いです。また、地主になりたい方や地主になっている方などにも関係してくるものなので、しっかりと理解しておくことが必要となるのではないでしょうか。色々な方が利用しているということもあって、借地借家法になってからはまた業界の状況も変わってきています。それらの点もしっかり理解することで、より安心して借地権や地主のことを知ることができるのではないでしょうか。

なお、借地借家法になる以前から借地権を持っていたり地主だったりする方は、旧法の借地法が適用されます。新法になって以降から適用される人とは違ってくるので、そこは気を付けておくことが必要となるでしょう。ここでは、借地法と借地借家法の違いをメインに解説していくので、情報収集している方の参考になれば幸いです。まずは知識を身に付けて、正しく対応できるようになってみてはいかがでしょうか。