借地権の存続期間

家借地借家法と借地法では、存続期間に違いがあります。借地借家法では、一律で30年と定めるようになっていて、借地法とは違っています。そこをしっかり理解することが必要となるでしょう。借地権には、それぞれ存続期間というものが設定されていて、その効力を発揮できるのは、その期間内だけでのこととなります。イメージとしてはパスポートのようなものでしょうか。借地権が効力を持つのは存続期間に左右されるということもあって、それらを理解しておかないと後々トラブルになることもあるかもしれません。

借地借家法になってからは一律で30年となっているので、普通の方であればそうそう人生で存続期間を気にするということもないかもしれません。しかし、この存続期間がとても重要となるのです。借地権の倍は、この存続期間によってその効力を定めているので、当然ですが存続期間が短くなればそれだけでも状況が変わってきます。その存続期間に到達する前に更新しなければなりません。30年ということで、意外にも忘れてしまっている方が多いので、今一度借地権のことについて理解し、必要であれば更新手続きをおこなうことが必要となってくるのではないでしょうか。