借地権の更新期間

説明してくれる人借地借家法と借地法によって、違いがあるとすれば更新期間も考えなくてはなりません。借地権にはそれぞれ存続期間というのがあり、それらを更新することが必要となります。借地借家法では30年となっている存続期間ですが、更新に関しては1回目は20年で2回目からは10年となっています。その点は違ってくるので気を付けておくことが必要となるでしょう。建物の状態も数十年経過すれば変わってくるので、そこも考えて更新しなくてはなりません。借地法とは違って借地借家法の場合は、その更新期間も変更になっているという点は注意が必要となっています。

知らないまま放置していると、そのまま更新されないということもあるかもしれません。基本的に更新期間が近付いてきた場合は連絡してもらうことも可能なのですが、その連絡さえも気づかないという人は多いです。新法と旧法ではそれらの違いを明確にし、よりわかりやすくしたとも言えるでしょう。まずは借地借家法について理解することはもちろん、借地法についても理解していくことが必要です。特に数十年前から適用されている方は、旧法が適用となっていることもあります。新法が適用になっている方も定期的に確認しておくようにしましょう。